TOP > 献海苔プロジェクトとは > 子育て応援コンテンツ > 忍者のような娘

忍者のような娘

こんにちは。
shirokumaと申します。
2歳の娘と0歳の息子との日々を記録しています。

最近娘が「忍者」にすごく反応します。
『おかあさんといっしょ』の「にんじゃってなんじゃもんじゃ~♪」という歌で覚えたのかどうかわかりませんが、テレビや絵本で忍者や忍者のような格好をしたものが出てくると喜び、いつもの散歩道にあるお店の忍者の人形の前で必ず立ち止まってしばらく眺めます。

前回の『ベビーゲートを越えた娘』という記事で、ベビーゲートを乗り越えられることを楽しむ娘について書きましたが、どうやらバランスを取ったり高いところからジャンプしたりという、そういう動きが楽しいようなのです。
o0720072114152488216
ベビーゲートの上を平均台のようにして立ったり、台の上やソファー、ベッドなど、少し段差のある所にのぼったり…。

以前、『SASUKE』というテレビ番組の女性版の『KUNOICHI』という番組を観たときなどは…
o0720072114152488221
娘も参加者と同じ気持ちになったようで、テレビを観ながらドキドキハラハラしているのが伝わってきました。
丸太にしがみついている場面では、くまのぬいぐるみをテレビによじ登らせて落下させるということを何度も繰り返し、それだけでは満足せず、自らソファーによじ登って落下するという遊びを何度もしていました。

散歩中も、少し高くなっている所を見つけると娘の中の忍者魂が目覚めるのか、必ず登ります。
o0720072114152488223

忍者になりきった娘は…
o0720072114152488226何の疑問も抱かずに垂直な壁を歩こうとしていました。

次回は新しく生まれ変わったベビーゲートと娘について書いてみます。

しろくまスケッチ

女の子だからって油断は出来ませんね!無邪気なやる気でハラハラしますが、元気な子に育ちそうですね♪しろくまさんのブログは色彩が柔らかくてキレイで、どの記事も癒やされます☆

紹介ブログURL : https://ameblo.jp/shirokuma3425
紹介記事URL : https://ameblo.jp/shirokuma3425/entry-12361443519.html