TOP > まかない物語

「漁師のまかない海苔」開発物語

海苔といえば、おむすびに巻いたり巻きずしに使ったりする
「板海苔」を思い浮かべる方が大半ではないでしょうか。

ほとんどの方が、海から摘採してきた原草の状態の
海苔をみたことがないと思います。

江戸時代の中期頃に「板のり」が登場して、庶民の間で
海苔巻きが大流行して以来、日本のスタンダードな食材と
して親しまれているのが「板のり」です。

海苔は、産地の生産漁家にて養殖され、板海苔に加工されます。

板に抄くために、原草をミンチにするのですが、この時に
多くの栄養素、ビタミン、ミネラルが損なわれます。

加工段階で海苔の栄養をほとんど損なわず、
瀬戸内海の豊かな栄養と変化に富んだ海流が育んだ海の
恵みをそのままを召し上がっていただける海苔を提供できないか?

そこから、「漁師のまかない海苔」の開発がスタートしました。

従来のシート状の「板のり」とはまったく異なる「ばら海苔」は、
生産する漁家が限られ、年々によって収穫量が不安定なため、
市場になかなか出回らず大変希少な海苔です。

しかも、産地で加工された「ばらのり」そのままでは、
ご家庭での調理には使いにくく、とても様々な料理に
トッピング出来るとは言えませんでした。

そのため、まずは
瀬戸内の生産漁家と直接タイアップすることにしました。

また、「ばらのり」を一定程度に「ほぐす」ための専用加工機。

さらに、歯切れや口どけを良くして香ばしい風味を加えるために
専用のロータリー式の焼き加工機まで開発しました。

こうして、
「漁師のまかない海苔」は、“巻かない”海苔として、
さまざまな料理にトッピングできる、新しい海苔の消費シーン
を創り出す商品として誕生しました。

商品名の「漁師のまかない海苔」は、
「まかない海苔」=「巻かない海苔」「賄い」という
2つの意味を込めました。

焼ばら海苔とは

海から採取された原草をミンチにかけず、水洗いした後に
高速脱水し、手でほぐして乾燥させます。
そのため、従来の板海苔のように旨み成分やミネラル、ビタミンなどの
流出、破壊が少ないのが特徴です。
これを、弊社独自開発のローターリー焼機でムラなく、
自然そのままの形で焼き上げました。

【お知らせ】

2016 年5 月27 日にHFM ラジオ「皆実町マルシェ」に生出演し、「漁師のまかない海苔」の取材を受けました。 その様子を少しだけご覧ください。

「皆実町マルシェ」に生出演
商品紹介ページ