TOP > 【海苔屋で働く女子のつぶやき】海苔屋で働く女子のひな祭り

【海苔屋で働く女子のつぶやき】海苔屋で働く女子のひな祭り

こんにちは。
前田屋スタッフMikiです

2月の節分に続き、海苔を食べるイベントが続く3月です(^^)

3月はひな祭りで、
ちらしすしや手巻きすしでしょう。

うちでも手巻きすしは、てっぱんメニューです!

手巻きすし用に切って販売されている海苔もありますが、
うちでは、板のりを用意します。

板のり1枚を、手巻きすしサイズに半分に切ります。
半分に切る時に、斜めに切るところがポイントです。
こうすると、巻いた時、キレイな手巻きすしになります。

 

DSC_0326

 

うちでは、手巻きすしをひとり4本食べますので、

ひとりあたり板のり2枚分となります。

 

食べものはからだに良いからと言っても、
何でも摂りすぎは良くないですよね。
板のりで一日1枚~2枚が良いそうです。

海苔は昔から「一日2枚で医者いらず」と言われていますが、
本当にそうなんですね。

DSC_0337

 

今日は海鮮手巻きすしと、

お吸い物に、前田屋通信販売部門安芸郷で予約販売しました
「姿焼きのり」をトッピングしてみました。

個人的には「姿焼きのり」はお吸い物が一番よく合うと思います(^^)
お吸い物のお出汁と姿焼きのりの風味が良く合いますよ!

これに、ひなあられと、ひなケーキを食べると、
ひな祭りも盛り上がります\(^o^)/

女のお子様がいないご家庭でもぜひ!