TOP > 採用TOP > 高校生の方 > 働くを話そう

vol.1

私は高校卒業後、新卒として2016年に入社しました。
仕事をするうえでの私のモットーは「働く=生きがい・自分を成長させてくれる場所」です。
働くことは人生を豊かにする一つの手段で、 『知識・経験・技術・人との出会い』すべてを学ぶことが出来ると思っていて、 たとえマイナスの経験だとしても自分次第でそこから学び、次のチャンスへ生かすことが出来ると考えています。

私は2年目の夏頃に現在所属している3Fばらのりの製造部門へ配属になりました。
当初は社員が私一人でしたので、指示を出し、まとめていけるのかなど不安の方が大きい反面、 自分にとってこれも一つの経験なんだと思い、先輩方やベテランのパートさん方の効率の良い仕事方法を見て学びました。

共に作業をしていただく方たちのおかげで3Fでの作業(ほぐし・焼工程・検品・計量)を 一通りこなせるようになりました。

私は現在携わっている焼工程で目標があります。
それは海苔(原料)によって産地・等級が同じ・異なるなど、一つ一つ海苔質が違うので、それに応じてどんな海苔質のものでもお客様に満足していただく「焼き色・味・焼く速さ」を誰よりも丁寧かつ早く仕上げられるようになることです。
また様々な経験や知識を生かして作業しやすい環境づくりに努め、一緒に働く方たちに仕事が楽しいと思っていただけるよう努力していきます。

vol.2

高校卒業後、新卒として入社しました。
私は入社当初から「コミュニケーション」を最重視してきました。
出来ないことや分からないことが多々ある中で、一人で悩まず自ら聞きに行って学び・相談を行い、 少しずつですが知識や技術を身に付けて行きました。
また製造においての生産性や基準・やり方を理解するために “メモをとること”を日々心がけどんなことでもメモをとり反復し、忘れない努力をしています。

製造業では一人のミスがチームのミスとなるため“チームワーク”がとても重要になります。
安全を最優先し互いに声をかけ合い協力し助け合いながら、
自信を持った商品作りを行っています。

私は今まで自分のやるべきことだけに集中していて自分のことで精一杯だったのですが
以前に一人の従業員の方から「いかに周りの従業員を楽にさせてあげられるかが大事」
という言葉がきっかけで、周りをよく見ることが出来るようになり、
次の工程はお客様という意識や、自分がされて助かるなということを
相手・周りにするよう先のことを考えて行動・準備を行うようになりました。

振り返ってみると私の仕事の出来る量や幅も増え、 こうやって成長していけているのは職場の方々の助言や支えがあってこそだと実感したうえで、 これからも様々な経験を積み重ねていき、 信頼される・頼りにされる社員を目指し責任をもって取り組んでいきます。

vol.3

私は高校卒業後、新卒として2014年に
株式会社前田屋に入社しました。
入社したての頃は仕事を覚えることに必死で
自分のことだけでいっぱいいっぱいでした。
しかし、少しずつ仕事に慣れてきて周りが見えるようになってきたら、
仕事の早い先輩を見るようになりました。

どうやったらあんな風になれるんだろう。
なんであんなに出来るんだろう。
自分と何が違うんだろう。

先輩を見ていたらそんな疑問が出てきて
先輩のようになるために真似をすることにしました。
すると、少しずつコツを掴んで出来るようになってきて、
次第にもっと効率よくやるにはどうしたらいいだろうか、
と考えるようになりました。
それから少しずつ頼ってもらえるようになっていき、
自分から学びに行く姿勢を持って自分で考えて
仕事をすることの大切さを実感しました

仕事は勉強と違って1から10全て教えてもらえません。
どの仕事においても「見て学ぶ」ということが
自分を成長させる1番の方法だと私は思っています。

今でも分からないこと、出来ないこと、まだまだたくさんあります。
これからも自分から学びに行く姿勢を忘れず、
今よりも出来ることを増やし、前田屋の戦力になれるように頑張っていきたいと思っています。

vol.4

高校卒業後、新卒として株式会社前田屋に入社しました。
私は学生時代にアルバイトをした経験が一度もなく 「働く」ということに右も左もわからない状態からのスタートでした。 なので毎日不安でいっぱいで、目の前のことだけで必死の日々を過ごしていました。 ですが、そんな私に暖かくアドバイスをして下さった先輩方の支えがあり 今の私があるのだと思います。

少しずつ仕事を覚えてきた頃、自分のことだけでなく 周りを見て動くことを意識するようになりました。 いつしか誰かのフォローに回ることが出来るほど 自分が成長していっていることに驚きと喜びを感じました。

今まで出来なかったこと、わからなかったことが、1つ1つ自分のものになりました。 そこで、自分の成長に期待を感じるようになり、仕事の「楽しさ」に気づきました。

また、お店で自社の商品をお客様が手に取って下さったのを見た時は、 とても嬉しく、仕事のやりがいを感じました。

改めて働くとは、社員みんなで助け合い支え合いながら お客様に喜んでいただける商品を造り上げていくことだと思います。 そして日々自分の成長を感じながら仕事の「楽しさ」を味わうことだと私は思います。



高校生の方